スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  現実を忘れ、夢の世界へ…。  -  2009.08.06.Thu / 14:18 
清里高原「萌木の村」村長ジョージさんのお招きで、
「萌木の村」特設野外劇場にて上演されている
フィールドバレエを見に行って来ました。→詳細はコチラ

moegi-1.jpg

今年で20周年と言う歴史あるバレエに、昨年に続き今年も
鑑賞する事が出来ました。
フィールドバレエとは、森の中に野外ステージを設け、
夜空を背景に上演される、自然と一体化したとてもスケール
の大きなバレエです。
自然の中で行われるだけに、天候などいろいろな御苦労も
多い様で、この日も開演5分前(pm19:55)まで、大粒の雨が
降っていて来場者は雨合羽や傘をさしての開演待ちでした。
屋内劇場とは違って、ラフな雰囲気で鑑賞出来るのも
フィールドバレエの醍醐味の一つです。

moegi-3.jpg

上演するかしなかを判断するpm20:10に奇跡的に雨がやみ
15分後より開演。
この間、スタッフさん達が濡れたステージを乾かす作業は
大変なものでした。

moegi-2.jpg

雨上がりの静まる森の中、チャイコフスキーの音楽と共に
「くるみ割り人形」が開演。
くるみ割り人形は主人公クララの夢物語と言う内容ですが、
可愛らしいコミカルなシーンあり、これぞバレエと言う様な
ロマンティックなシーンありと、様々なシーンが繰り広げられて、
自分自身が夢の中に居る様な素敵な一時でした。

いつの日か、霧の中で「白鳥の湖」を見てみたいですね♪
勿論、天候次第ですが…。

是非一度フィールドバレエを体感してみて下さい。
今年は8/9(土)までの上演です。

No.87 / 雑記 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

 プロフィール 

Atelier unripe

Author:Atelier unripe
アンライプとは「熟していない」という意味。果実が赤く色付き熟していくように Handmadeの温もりを更に愛着へと使い育てて頂きたい・・・と言う想いから。

元自由が丘のハンドメイドショップ【unripe】のオーナーが場所を八ヶ岳の裾野に移し、創作活動や日常を綴っています。

≪mail≫
atelier.unripe@gmail.com



 

 カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 カウンター 

 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 unripe_diary All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。